FC2ブログ
2018.12 / 11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.22(Mon)

CROWN PLUS Level 4 Lesson 4

―訳始め―

-1-

ビルボ・バギンズはホビット―とてもまっとうで、裕福な中年のホビットであった。全てのホビットのように、彼は平和で、静かで、快適な生活を愛した。彼はとても完全に円い窓とドアがついた、快適なホビット穴で暮らした。ビルボの家は地下にあったが、暗くて寒いというわけでは全くなかった。円い窓は光を通し、そして丸く、管の形をした廊下にはじゅうたんが敷いてあった。
ホビットは訪問者と親しみ深い会話が大好きであるが、ある朝、ビルボに少々まれな訪問者があった。年老いた男が姿を現したとき、彼は正面の丸いドアの外に立っていて、パイプを吹かし良い天気を楽しんでいた。彼はガンダルフ、強力な魔法使いであった、もっとも最初のうちはビルボは彼に覚えがなかったのだが。ガンダルフはホビットが好きで、そしてビルボの祖父の特別な友人であった。しかし彼はビルボの祖父が亡くなってから長年ホビットを訪問したことが無かった。そこで彼はホビットが暮らす丘に再び来たのだ。
ガンダルフはビルボに旅に加わってもらいたがっているが、ビルボは自分を巻き込む非常に危険なものに対して全く準備ができていない。もし選択の自由が与えられていたのなら、彼は自分の快適な家にいたかっただろう。



ただその朝にビルボが見た疑いのないものは杖をついた年老いた男だけだ。彼は高く先がとがった青い帽子、長い灰色のマント、腰の下まで垂れ下がった彼の白いあごひげを覆う銀色のスカーフ、巨大な黒い長靴を身につけていた。
「おはよう!」ビルボは言った、彼はそのつもりであった。太陽は輝いていて、草は非常に緑だった。しかしガンダルフは自分のひさしの大きな帽子のつばよりも飛び出した長いもじゃもじゃの眉毛の下から彼を見ていた。


-2-

「何が言いたいのだ?」彼は言った。「私にとっていい朝であるようにということかい、それとも私が望もうがどうしようが今日はいい朝だって意味かい、それともあなたがいい朝だと感じているのかい、それとも良くあるべき朝だってことかい?」
「全部いっぺんに、です。」ビルボは言った。「そしておまけに、ドアの外で刻みタバコのパイプを吸うのにもってこいの朝も、ですあなたがパイプを持っているのなら、座ってパイプの火皿いっぱいの私のタバコを味わってみてください!急ぐ必要はありません、目の前で一日中味わいましょう!」
それからビルボは自分のドアのそばにある席に、足を組んで座って、壊れることなく空に舞い上がり「丘」の上を漂っていく煙の美しい灰色の輪を吹き出した。
「見事だ!」ガンダルフは言った。「でも私には今朝煙の輪を吹く時間はない。私は自分が手はずを整えている冒険を共にする人を探していて、誰もかれも見つけるのはとても難しい。」
「私はそう思います―これらの部分で!私たちは実に静かな人で、冒険に用は無いのです。不快で心を乱し落ち着かないものです!あなたを夕食に遅らせます!私は人が冒険のどこに惹かれるかわからない。」私たちのバギン氏は言った、そして親指を自分の歯列矯正器に挟んで、別のいっそう大きな煙の輪を吹き出した。それから彼は朝の手紙を取ってきて、読み始め、年老いた男を無視する振りをした。ビルボはガンダルフが友達になりたい種類の人間ではないと判断し、彼に去ってほしがっていた。しかし年老いた男は動かなかった。彼は、ビルボが多少不快に感じ怒りを覚えるまで、自分の杖に寄りかかり何も言わずにそのホビットをじっと見つめて立っていた。
「おはよう!」とうとう彼は言った。「私は今現在どんな冒険もいらないのです、まったく!あなたは「丘」か「川」で予行演習するのがよいでしょう。」この時には彼は、会話は終わっているということを言おうとしていた。
「あなたはなんて多くのことのためにおはようを使うのでしょうか!」ガンダルフは言った。「今やあなたは私を追い払いたがっていて、私がいなくなるまで都合が良くならないということを言おうとしている。」


-3-

「全くないです、全くないです、あなた様!見せて下さい、私はあなたの名前を知らないと思いますよ?」
「はい、はい、あなた様―私はあなたの名前を知っているよ、ビルボ・バギンさん。そしてあなたは私の名前を知っている、もっともあなたは私がその名であることを忘れているようだけど。私はガンダルフ、ガンダルフは私のことだ!今まで生きてきて、まるで私がドアでボタンを売っているかのように、ラドンナ・トゥックの息子に「おはよう」と言われて追い払われることになるなんて!」
「ガンダルフさん、ガンダルフさん!なんてこった!あなたはトゥック老人に、自身を固定し命令されるまで決して外れない1組の魔法のダイヤモンドの飾りボタンをあげたさすらいの魔法使いではありませんか?あなたはかつて、ドラゴン、ゴブリン、巨人、王女たちの救出、未亡人の息子たちの思いがけない幸運についての、とても素晴らしい話をパーティーでしてくれた方ではないですか?あなたはかつて、本当にとりわけ素晴らしい花火を作ってくれた人ではないですか?私はそれらを覚えています!トゥック老人はかつて夏至の前夜に花火を打ち上げていました。素晴らしかったです!それらは火で出来た素晴らしいユリ、キンギョソウ、キングサリのように上がり夜通し薄明かりに漂っていました!」あなたたちはすでにバギン氏が信じたがっていたほど詩心がないわけではなく、彼は花が大好きだったと気付くでしょう。「おや!」彼は言い続けた。「あなたは、おかしな冒険のためにとても多くの静かな少年少女が突然消え失せている原因である、ガンダルフさんではないですか?木登りから、小妖精を訪ねること、―あるいは船で出航すること、他の海岸へ出港することまで全部です!おやおや、命はなかなかおもしろ―というか、昔々あなたはこれらの部分で物事をひっくり返してきました。失礼しました、でも私にはあなたが商売をしているなんて全くわからなかったです。」
「私は他にどこにいるべきなのか。」魔法使いは言った。「それでもあなたが私についてのことを覚えているとわかって嬉しい。あなたは私の花火を好意的に思い出しているように見える、いずれにせよ、それは望みがある。実際にはあなたの年老いた祖父のトゥックのために、そして貧しいベラドンナのために、私はあなたが望むものをあなたにあげよう。」
「申し訳ないのですが、私は何も頼んでいません!」「いや、あなたは頼んだ!2回も、だ。申し訳ない。あなたにそれをあげよう。それどころかあなたをこの冒険に送りさえもしよう。
あなたにとって面白く、あなたにとって良く―あなたがそれを乗り越えれば、間違いなく、有益でもある。」
「すみませんでした!私はどんな冒険もしたくない、今日はやめておきます。おはようございます!


-4-

でもお茶に来て下さい―好きなときに!明日はどうですか?明日来て下さい!さよなら!」その言葉とともにそのホビットは背を向け丸いドアに入り、出来るだけ早くドアを閉めた、悪く思われないように。なんといっても、魔法使いは魔法使いだから。
「一体全体どうして私は彼をお茶に誘ったんだ!」食料貯蔵室に着いて、彼は自分に言い聞かせた。彼はたったさっき朝食をとったが、ケーキを1,2個と飲み物を口にしたら、突然でひどい恐怖があった後の自分の気分がよくなるだろうと思った。
その間ガンダルフはまだドアの外にいて、長くしかし静かに笑っていた。少し経って彼はドアに近づき、彼の杖のとがった部分でホビットの緑色の正面のドアに奇妙なサインを引っかいて書いた。それから彼が大股で去っていった頃、ビルボはまさに2個目のケーキを食べ終え、自分は本当に上手く冒険から逃げ出せたと考え始めていた。


―訳終わり―


時は2010年
ここに史上最悪の和訳が誕生した
そんな心境です

ここまで訳しづらいレッスンは初めてです
特に3ページ目の地獄には耐えられませんでした
長い上によくわからない会話が繰り広げられているという

そのわけわからなさゆえに、友人、ネットから聞いたり調べたりしまくった上での今回の訳です
その割には出来が酷いのですが、それは自分の技術不足によるものです
皆さんの読解力で補って下さればありがたいです

この教科書の訳を必要としている人が多い割には、なぜ誰も作らないんだ?
と思っていたわけですが、その理由がなんとなくわかってきました
むずすぎだろ><って話ですね


誰かこのちっちゃい部分を読んでいる人はいるのでしょうか
次回へ続く


2/23
かぎ括弧で閉じるのを一か所忘れていました
詩心がなかった云々の文の前です
ここにきてミスが大量に発覚
まとめたファイルの方も修正しないと・・・
03:30  |  和訳  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

今夜はこれで勉強させてもらいます…笑
k高生 | 2010年02月24日(水) 22:26 | URL | コメント編集

まじすばらしすぎです(^o^)丿
これからもがんばってください!!チョーチョー!助かります!
あ | 2010年04月02日(金) 11:59 | URL | コメント編集

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2011年09月30日(金) 00:04 |  | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年10月01日(土) 00:21 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。